毎度、難儀するのですが~パソコン買い換え時のデータ移行~

先日、仕事道具のPCの動作が遅く、ちょっと困った状況の打破に思い切って新しくPCを購入しました。

3年ほど前に購入したPCなのですが、32GBまでメモリを積み、それなりに改善していたのですが、起動も終了もソフトの動作も、PCの動作が落ち着くまで待ってから作業をするようになり、イライラ感が募っていました。

数日前、えいっ!とDELLのオンラインストアで買ったPCが届きました。いい歳していても、新しいものが届くと純粋にうれしいものですね。

けれども喜んでいられるのもつかの間。

毎度のことなのですが、ここからが大変なのです。古いPCのデータを新しいPCに移行する作業、これが本当に毎度のことなのですが、やっさもっさと難儀するのです。

私がポイントとしているのは、このような点です。

・デスクトップ上のデータなど個人データの移行

・メールソフトのプロファイル、送受信データの移行

・ブラウザのブックマークデータの移行

・新しいPCへのソフトのインストールとライセンス認証

・古いPCのソフトのアンインストールとライセンス解除

それでです、今回はバックアップソフトを購入し、数日前からバックアップを取り、これを新しいPCにバッサリと落とし込むという戦略にでたのです。

私は、安閑として、今回は楽勝!まかせとけっと思っていたのですが、これがまた失策となってしまったのです。

毎度のことなのですが、PCがきっちり使えるようにするにはだいたい1日徹夜して、朝方には利用可能となります。

ところが、今回徹夜はしませんでしたが毎日データ移行と調整で3日もかかってしまいました。

バックアップソフトは、PC上のデータを毎日差分でバックアップし、このPCが壊れた際にデータのリストアをするのには絶大な威力を発揮します。

ただ、バックアップデータを異なるPC(ハードウェア)にリストアするとなるとハードウェアに対するドライバの調整をきちんと設定しないとうまくいかないことになります。

この点が最も気がかりだったのですが、ソフトの説明書にもドライバの調整に対応しているとはっきり記載されていたので、もう出来たも同然と考えていました。

けれども、手順が明確に示されていなかった点は否めないのですが、実際やってみるとそんな簡単にはいきませんね。さんざんWebで調べはしたのですが。

毎度のことなのですが、方針転換して従来通り、USBメモリでデータを取って、新しいPCに移して、ソフトも新たにインストールしてという風に手作業でデータ移行しました。

ずいぶん、異なるPC(ハードウェア)への完全移行にこだわったのですが、あきらめることにしました。

どんくさい私ですが、この点に詳しい方がおられましたらご教示いただきたいです。

このブログの記事も書かず、作業に専念し、やっとこさ使えるようになりました。
またまたヨドバシカメラまで行って、32GBのメモリを購入し、メモリをフルスペックにしたという愚があったことも付け加えておきます。

猪突猛進的行動は、もうひかえんとあかんとは思っているのですが。

さあ、明日からバリバリと仕事しようと思います。
が、今度は肝心の在宅ワーク案件の仕事を探さなくては、ため息でますね。

   

デル株式会社