揚げ物控えて健康志向でもやっぱり食べたい、このハンバーグ

コロナウイルスの感染が拡大する中、日本中、日々多くの方の感染が報告され、東京や大阪、兵庫などにおいて緊急事態宣言が出されました。

テレビを始めとするメディアでは、外出は自粛して「家にいましょう」と忠告しています。

4月の上旬といえば、桜を求めてまちなかをうろうろしている私ですが、さすがにこの悲壮な状況の中わがままをいっている場合ではないと、極めておとなしくしています。

在宅ワーカーですから、「家」にいることはそれほど苦ではありませんが、外に出てはいけませんよといわれると、やはりストレスを感じますね。

学校は休校、仕事は在宅で、夜の街は出歩いてはいけません、もう老若男女がストレスでいっぱいではないでしょうか。

でも、何とか乗り切りましょう。終息する時は、必ず来ますから。

それで、家の中での巣ごもり生活です。

近くのスーパーや薬局、コンビニへ行く以外は、家の中です。健康や体力をつけるために、近所の散歩は大丈夫とのことですが、どうも足踏みしてしまいます。

家に居ると料理を作る機会も増えてくるのですが、最近、「油の誘惑」に負けてしまいます。

そうです、油を使った料理が多くなってしまいます。煮炊きではなく、すぐフライパンに油を引いてしまうのです。

私は煮魚の作り方がもう一つ分からないので、結局ぶりや鮭を油で炒めてしまいます。

また、スーパーに行っても揚げ物を選んでいるらしく、油もんを食べる機会も増えています。

どうも、思うように外出できないストレスを食べ物、それも油もんで解消しているのではないかと自己分析しています。

加えて、社会に対する不安から緊張感が高まったり緩んだりするので、ライティングの仕事をさぼってお酒を飲んでしまったりと悪弊が生じているような始末です。体が重いと感じていたのですが、知らぬ間に体重がガバッと増えていました。

長年の生活習慣から、高血圧・高血糖・高脂質を抱える身であることを今更ながら認識し、明日からは生活を整える!と意気込んでいます。明日からではなく今からが大切なのですが。

自己管理って難しいですね、それも継続することの難しさ。

・油もんは控えて、納豆とか、豆腐とか豆類と野菜を中心に食べる。

お酒には近づかない。

・近所を軽くウォーキングする。

これで、「ストレス解消と健康的な生活を送る」、実行したいと思います。

それでも、「食」の制限はつらいですね、それも自己制限ですから。

今、ハンバーグがすっと思い浮かぶので、1か月経った時にこの規律が守れていれば(具体的には減量できていれば)、1回のみハンバーグを食べてもいいことにしたいと考えています。

子どものような目標設定ですが、これも試練だと思っています。

     

おすすめ、京都ぽーく100%ハンバーグ