桜2020~圧倒的な美しさを体感したいならこの2寺院~

今年は記録的な暖冬とのことで、春の訪れも早まっています。昨日(2020年3月22日)、ソメイヨシノの開花が発表され、このまちもいよいよ春本番を迎えようとしています。

3月に入ってから、桜が気になっていたのですが、ソメイヨシノの開花を待って、2020年の花めぐりを始めることとしました。

おそらく、しだれ桜はすでに開花しているだろうことは予想がついていましたので、かねてから気になっていた(今年は見逃さへんでという意気込み)「あるお寺のしだれ桜」を目指して家を出ました。

先に向かったのは、桜ではないのですが、北野白梅町近くにある椿寺(地蔵院)です。

散椿(五色八重散椿)が、赤・ピンク・白といった色合いとその濃淡でさまざまに椿を咲かせます。花びらがひらりひらりと1片ずつ散っていくさまも趣深く、思わず感嘆の声が出てしまいます。

散椿としだれ桜といったそれぞれの美が合わさる絵画とも思える時期があるのですが、それを目指して再度訪れようと思います。ただ、タイミングが難しいので「あっ残念、もう終わってるやん」になってしまわないように時期を見計らおうと思います。

椿寺は、一条通に面しているのですが、この通りは妖怪ストリートとしても親しまれ、お店のあちこちに妖怪が佇んでいます。

さて、「あるお寺のしだれ桜」ですが、今年はどうしても見逃さへんとずっと思っていたのです。

寺町通今出川上ル、本満寺のしだれ桜です。

昨年も一昨年も、すでに時遅しでいまだに見ていない、いえ逢えていないのです。いつも葉桜、タイミングの難しさに閉口していました。

今年は、ようやく見ることができました。

ちらほらと観光客の方でしょうか、やはりみなさん写真を撮っておられました。

一目見て、「これは、見事なしだれ桜や!」と、その自然美にあっけにとられました。

もう、自然美に脱帽です。

おそらく、ソメイヨシノが満開となるであろう1週間後ぐらいにこのしだれ桜はそろそろ見納めになると予想できますので、もう一度来ると感じています。それほど、美しく、正に桜が上から降って来そうな強い勢いのある枝ぶりでした。

本満寺は、寺町通に面しているのですが、さすがに寺町というだけあって、近くには阿弥陀寺、西園寺、天寧寺などがあります。もう少し行くと上御霊神社もあり、ぶらぶらと散歩するのも心地が良いです。

さらに御所にも近く、御所の桜もまたこれが美しいのです。

帰宅時に一休みした茶店、いえカフェ「 パパジョンズ(Papa Jon’s) 」ですが、こちらのチーズケーキはちょっとびっくりするぐらい濃厚で美味でした。