日露開戦の行方を決めた会議がここで~絵画的な名勝無鄰菴~

※記事は、2018年3月2日に訪問した際のコンテンツです。

日に日に陽射しが温かくなる3月初旬の京都。
こんな季節の散歩には、やはり京都が誇る庭園がおすすめです。

無鄰菴を訪れる

本日のまちなか散歩は、名勝「無鄰菴(むりんあん)」を目指すことにします。

京都市左京区にあります無鄰菴は、疎水沿いの仁王門通を東に行き、ちょうど南禅寺前交差点のところに位置しています。
無鄰菴のお隣には、400年の歴史を持つ高級料亭「瓢亭(2017ミュシュランガイドで三ツ星)」があります。

気軽に立ち寄れるお店ではありませんが、貴重な京都観光でしたら、こちらの朝がゆを頂いてから、まちなか散歩をスタートさせるのも小粋かと思います。

無鄰菴
山縣有朋

無鄰菴は、山縣有朋の別荘です。
長州藩の出身で総理大臣を務めた政治家ですが、庭という空間に対して幅広い知見を持っていた人物とのことです。

庭園へ足を踏み入れますと、その思いが良く分かります。
広大な芝生が敷き詰められ、東山を借景とし、疎水の水を引いて流れとするなど自然のありようを写しているようです。

山縣有朋が感じた自然の美しさを、ありのまま現出していると感じました。
これまでのまちなか散歩で、多くの寺院の庭を訪れましたが、特に禅寺の庭はう~んと考え込んでしまうような謎解きが隠されているなどの特徴があります。

しかしこちらの庭は絵画的とでもいいましょうか。
開放的で明るく、生き生きとした自然を丸ごと体感できる庭だと感服しました。

5種類あるチケットには山縣有朋が庭を散歩し感じた言葉が書かれているとのことで、全種類集めたくなってしまいます。

無鄰菴庭園
無鄰菴庭園

このように強いこだわりをもった人物ですから、庭園を造営する際も山縣自らが指示し、七代目小川治兵衛が作庭したとのこと。

無鄰菴室内
無鄰菴室内
無鄰菴 庭園から母屋を見る
無鄰菴 庭園

散歩を続けていきますと、洋館へ着きました。

無鄰菴 洋館
洋館内 「無鄰菴会議」が開かれた場

ここは、元老山縣有朋、立憲政友会総裁伊藤博文、総理大臣桂太郎、外務大臣小村寿太郎により日露開戦直前の外交方針を決める「無鄰菴会議」が開かれた場としても知られています。

洋館を眺めた後、庭園に目をやっているさ中、ひょんなことからふと思い出したことがありました。あれは小学校低学年の頃だったと思うのですが、私の家はここから程近い南禅寺塔頭の檀家であったため、家族でお墓参りに行く途中でした。

その時、なにかを撮影をされているところに出くわしたのです。

京都の中でも南禅寺界隈は別荘が多く、静かで落ち着いた家並みが続くのですが、道路に砂利を敷き一時的な小雨をホース?で降らしておられるという場面でした。

その大きな和風邸宅の門からひょいと顔を出されたのは・・・なんと!着流し姿の石原裕次郎さんだったのですからそれはもう驚愕です。
しかし、驚いたのはそれだけではありません。後日テレビで清酒松竹梅のCMが映し出されたのですが、その場面は正にあの日見たものと同じ。

思わず「これや!これや!」と叫ばずにはいられませんでした。

それにしてもすらりと背の高い男性だったなあと思い出します。子どもながらにオーラのようなものを感じずにはいられない、そんな出来事でした。

まちなか散歩の最後は無鄰菴にあります庭園カフェで一息つきましょう。
カフェから眺める風景がまたすばらしく、許されるのであれば何時間でも過ごすことができそうです。

お気に入りの風景はポストカードで持ち帰ることもできますので、思い出に浸りたい方は、自分へのお土産にご用意してみても良いかもしれません。

 

無鄰菴
〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町31番地

   

京まちなか散歩道 開放的な名園!無鄰菴より引用、再編集