たまには、こってりもいい~魅かれる味、天一のラーメン~

このタイトルは、ラーメンのことなのです。「天一」こと「天下一品」のラーメン、こってりのことなのです。

サラリーマンをしていたころ、ずいぶんと天一にも行きました。あの味、クセになるんですよね。これは、失礼な言い方ですね。「また、食べたくなる味」とでも言いましょうか。

こってりのスープの味が、なんとも美味なのです。どうお伝えしたらいいでしょう?

塩辛くなく、甘くもなく、もちろん苦くもなく、つまり美味なのです。おいしいのです。

また、麺やチャーシュー、シナチクにねぎとこれらが、絶妙に組み合わさって、おいしさをさらに増幅しています。

食べてみてひとつ感じたのは、きっと白味噌が入っているだろうということです。色合いといい味加減といい、白味噌やなあこれはと私は個人的に感じました。(間違っていれば、お詫びします)

クセ=「また、食べたくなる味」、ふと思い出したように、「今日は、天一でこってり食べよう」となり、足はすでにお店に向いてしまっている己に気がつくこともよくありました。

そうです、京都はラーメン激戦のまちだそうです。北白川の一乗寺界隈は、名だたるお店が並んでいるとのこと。「麺屋 極鶏」「中華そば 高安」「天天有 本店」などなど。

まだまだ市内各所にラーメン店はあるそうで、確か大丸の裏手にある「一風堂」というラーメン店はいつも行列ができていましたね。大丸界隈に行く度、気にはなっていましたが、私は並ぶことはしません。

ところで、在宅ワーカーとなった今も「たまには、こってり」と思うこともあるのですが、寄る年波もあるのでしょうか、また生活習慣病を抱える身でもありますので、近くに「天一」があり誘惑はたびたびあるものの、今は足を運ぶことがありません。

本当は、「こってりと焼き飯」とか「こってりと餃子」とか、ガッツリ食べたいのですけど。

それでも、「こってり」はちょっと遠慮するにしても、やはりラーメン食べたいですよね。

ちょっと、探してみました。

嵯峨野の大覚寺御用達のうどん製麺所「薬師庵」が、こだわりのうどん作りをラーメンにも生かしているそうです。

電子レンジで温めるだけとのことで手軽に食べられそうですが、どこかしら京風ラーメンという印象です。

こちらもおすすめ、「薬師庵 しょうゆラーメン」

とはいうものの、「たまには、こってり」に気が魅かれる今日この頃です。